効果の出るトレーニング、効果の出ないトレーニングの決定的な違い

こんにちは、赤松良博です。
ブログをお読みいただきありがとうございます。

先日、同じジムに通っている方からこんな質問がありました。

「付けたいところになかなか筋肉がついてくれません。赤松さんはどんどん良いカラダになっていくように見えるんですが、なにが違うんでしょう?」

 

せっかくなので、ブログでもお答えしようと思います!

まず、これは私がいつも言ってることなのですが、

・効かせたい部位に対して意識をできている
・正しいフォームで行うことができている
・効かせたい部位以外に余計な力が入っていない

人は効果の出るトレーニングができていると思ってください。

逆に効果の出ないトレーニングは、

・重量ばかりに集中してしまっている
・正しいフォームで行うことができていない
・力んでしまっている

上記のどれかに気づいていない、またはクセがついてしまっている可能性が高いです。

自分の体をどの様に動かせば筋肉が発達するかちゃんと考えてからやらないと、効果の出るトレーニングには繋がりません。

効かせたい部位をちゃんと稼働させることを意識してください。

効果の出るトレーニングをしたいのであれば、絶対に意識をすることが必要不可欠です。次にフォームチェックで、そして最後に力まない事!

どんなにフォームがきれいでも、意識していなければ効かせたい部位に効かせることはできません。

また、どんなに意識していても、フォームが崩れていれば他の部位まで発達してしまう可能性がありますし、怪我のリスクも高まります(怪我には本当に気をつけてください!)。

また、力みながらのトレーニングでは、他の部位にも力が入るので意識した部位への刺激が分散されてしまいます。当然トレーニング効果は薄くなります。

トレーニング技術や精度の他にも、生活環境や食事などもボディメイクのうえでは重要な要素です。ただがむしゃらにトレーニングをしていれば筋肉が付くなんてことはありえません!

その辺のことは、改めて記事にしていこうと思います。今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSなどにシェアをお願いします!

私のトレーニングに対する考え方は、常に

「カッコよく(美しく)なれないボディメイクに意味はない」

です。結果が出ないのならば、あなたの貴重な時間とお金をかける意味がありません。しかし正しいボディメイクを行えば、あなたの理想を必ず実現することができます。

そのために必要な知識は、私は自らの経験を通して惜しみなくお伝えしていきます。1日でも早く理想のカラダへと近づくお手伝いができれば幸いです。

ムダなく、最も効率的に、ともに進化し続けましょう!

赤松良博