ブログ再開 💪💪

久しぶりの投稿になります。

この2年間、都内でパーソナルトレーナーとして活動してました!色んな方との出逢い、大会にも出たり、好きな事を仕事にしながら色んな経験そさせて頂来ました。

その中で・・・

クライアント様からブログとかやってないですかー?とか

何か発信してる物はないんですかー?

多くの方から言われる事が増えて来たので・・・💦💦
ブログを再開する事にしました。
誰かに必要とされるのは、とても嬉しい事ですね👍👍

これからは、一般人向けのトレーニング知識やアドバイス、メンタル、商品価値、セミナーのご案内など❗️❗️

無理なく痩せられるダイエット方法、筋量の増やし方、綺麗な体型の作り方など・・知って得する様な内容を発信していくので皆さんお楽しみ✨

トレーニング中に良くありがちな事!!

トレーニングをしてる最中、トレーニングがうまい方の技術が気になりずっと見てる方を多く見かけます。はっきり言ってこの時間は無駄です。笑

皆さんトレーニングをする時に、必ずインターバルを設けます。1分〜1分半程のインターバルを設定しトレーニングをやってるのに技術が気になってしまったら1分半は軽く過ぎてしまいます。確かに技術が気になります。真似をしたい気持ちも良く分かります。

ですがここで私が言いたい事は・・・

インターバルは呼吸を整える時間であって相手に集中する時間では無いと言う事です。

もし気になった事があれば、トレーニング後に聞きに行きましょう。必ず教えてくれるはずです。

一人で悩まず更に上の技術を高めて行きましょう。

有酸素運動とウエイトトレーニングはどちらが脂肪燃焼に効果的か?

今日もジムにて、トレーニング始めたての方から質問をいただきました。せっかくなのでブログでもお答えします!

赤松さんは有酸素運動を減量中にやりますか?

答えは・・・時期を見ながら有酸素運動は取り入れます。

私の場合、時期を見て早朝に有酸素運動を1時間やります。朝から有酸素運動をやると代謝が上がります。その後、時間を空けて朝食を摂取し筋トレを行います。

筋トレだけでも脂肪は燃焼されます。ここで重要なのが食事のコントロールです。それでも体重が落ちなくなってきたら有酸素運動を入れて調整して行きます。

有酸素運動を取りれる場合は、競歩に近いスピードて20分以上は必ず歩いてください。有酸素運動後すぐに筋トレをやるのはNGてす。筋トレに対するパフォーマンスの低下が見られ怪我に繋がる可能性が高くなります。時間を必ず空けてやると良いでしょう。

せっかく付けた筋量も計画も立てずに有酸素運動をやり過ぎると筋量が減ります。必ず計画を立てて実施して行きましょう。

やったもん勝ち!夏までに腹筋をバキバキに割る方法

先日もジムにて、トレーニング始めたての方から質問をいただいてお答えしたので、せっかくなのでブログでもお答えしてきます!

質問の内容は・・・

「夏までに腹筋を割りたいんですけど、なんかいい方法ありませんか?」

 

です!

早速お答えしますが、夏までに腹筋をバッキバキにするために取り組んでほしいことは4つあります。どれも簡単なので安心して実践し、海やプールに行ったら早くシャツを脱ぎたくてしょうがないような、カッコいい体を手に入れてください!

その4つは次のとおりです。

1.週3回は腹筋に刺激を入れる時間を作ること(早くて1ヶ月で効果あり)。
2.まず腹筋のメカニズムを知って、腹筋を使う「意識」を養うこと。
3.日々のプロテインの摂取を怠らないこと。
4.脂肪のつかない食事に切り替えること(どんなに筋肉があっても脂肪で隠れていたら割れません!)。

よくジムに行くと、毎日のように何百回と腹筋のトレーニングをしている人がいますが・・・あれは完全にオーバーワーク、もしくはダイレクトに腹筋に刺激を入れることができていません。

刺激を入れすぎてしまえば筋肉は過労し、回復の時間がなくなってしまうので、逆に発達を妨げてしまうことになります。

決めた時間で、決めた回数の腹筋トレーニングで、いかに集中してダイレクトに刺激をいれてあげることが、かっこいいシックスパックを手に入れるための鍵になります。

また、かっこいい腹筋の人のトレーニングを参考にするために、YouTubeやInstagramで動画を見たり、実際にジムで話しを聞いてみるのも効果的ですので、ぜひ積極的に学んでみてくださいね。

私からのアドバイスがあるとすれば、最も重要なのは

とにかく楽しくトレーニングを続けること

 

です。

キツいとか面倒くさいという気持ちが強い人は、腹筋に限らずなかなか筋肉が発達していきません。トレーニング中はアドレナリンがドバドバと溢れ出るほど全力を出し切り、充実感を味わえるほど本気で取り組むのが最も効果的です。

ぜひ、夏までにかっこいいバキバキの腹筋を手に入れてください!!

私のトレーニングに対する考え方は、常に

「カッコよく(美しく)なれないボディメイクに意味はない」

です。結果が出ないのならば、あなたの貴重な時間とお金をかける意味がありません。しかし正しいボディメイクを行えば、あなたの理想を必ず実現することができます。

そのために必要な知識は、私は自らの経験を通して惜しみなくお伝えしていきます。1日でも早く理想のカラダへと近づくお手伝いができれば幸いです。

ムダなく、最も効率的に、ともに進化し続けましょう!

赤松良博

効果の出るトレーニング、効果の出ないトレーニングの決定的な違い

こんにちは、赤松良博です。
ブログをお読みいただきありがとうございます。

先日、同じジムに通っている方からこんな質問がありました。

「付けたいところになかなか筋肉がついてくれません。赤松さんはどんどん良いカラダになっていくように見えるんですが、なにが違うんでしょう?」

 

せっかくなので、ブログでもお答えしようと思います!

まず、これは私がいつも言ってることなのですが、

・効かせたい部位に対して意識をできている
・正しいフォームで行うことができている
・効かせたい部位以外に余計な力が入っていない

人は効果の出るトレーニングができていると思ってください。

逆に効果の出ないトレーニングは、

・重量ばかりに集中してしまっている
・正しいフォームで行うことができていない
・力んでしまっている

上記のどれかに気づいていない、またはクセがついてしまっている可能性が高いです。

自分の体をどの様に動かせば筋肉が発達するかちゃんと考えてからやらないと、効果の出るトレーニングには繋がりません。

効かせたい部位をちゃんと稼働させることを意識してください。

効果の出るトレーニングをしたいのであれば、絶対に意識をすることが必要不可欠です。次にフォームチェックで、そして最後に力まない事!

どんなにフォームがきれいでも、意識していなければ効かせたい部位に効かせることはできません。

また、どんなに意識していても、フォームが崩れていれば他の部位まで発達してしまう可能性がありますし、怪我のリスクも高まります(怪我には本当に気をつけてください!)。

また、力みながらのトレーニングでは、他の部位にも力が入るので意識した部位への刺激が分散されてしまいます。当然トレーニング効果は薄くなります。

トレーニング技術や精度の他にも、生活環境や食事などもボディメイクのうえでは重要な要素です。ただがむしゃらにトレーニングをしていれば筋肉が付くなんてことはありえません!

その辺のことは、改めて記事にしていこうと思います。今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSなどにシェアをお願いします!

私のトレーニングに対する考え方は、常に

「カッコよく(美しく)なれないボディメイクに意味はない」

です。結果が出ないのならば、あなたの貴重な時間とお金をかける意味がありません。しかし正しいボディメイクを行えば、あなたの理想を必ず実現することができます。

そのために必要な知識は、私は自らの経験を通して惜しみなくお伝えしていきます。1日でも早く理想のカラダへと近づくお手伝いができれば幸いです。

ムダなく、最も効率的に、ともに進化し続けましょう!

赤松良博